【最強小倉システム】目次

IF

【最強小倉システム】の目次は以下のとおりです。


・まえがき

<第一章 基本概念>
・ルール別の基本概念
・赤ドラと祝儀で打牌が変わる①
・赤ドラと祝儀で打牌が変わる②
・「赤あり東南」リーチの強弱で判断する
・「赤あり東南」鳴くケースが増える
・「赤あり東南」スピード感ある攻めが必要
・「赤あり東南」守備は赤なし東南よりも重視しない
・「赤あり東風」リーチが弱い
・「赤あり東風」鳴きが強い
・「赤あり東風」打点よりもスピードが優先
・「赤あり東風」守るより攻めることが有利
・「赤なし東南」リーチが強い
・「赤なし東南」鳴きが弱い
・「赤なし東南」スピードよりも打点優先
・「赤なし東南」どのルールよりも守備重視
・コラム 赤あり東風ネット麻雀①

<第二章 手組>
・メンゼンかタンヤオか
・トイトイがみえるときの選択
・チャンタを狙うか
・チートイツ含みの手筋
・翻牌を鳴くか翻牌雀頭リーチか
・サンショクか手幅か
・ホンイツで打点かドラ1で速度か
・ピンフかタンヤオか
・ダンラスのときの狙い
・トップか赤ドラか
・コラム 赤あり東風ネット麻雀②

<第三章 リーチ&仕掛け>
・ピンフのみはリーチか
・メンゼン赤1はリーチか
・役ありカンチャン2600点
・手役か即リーか
・赤のクッツキ持ちテンパイトラズ
・十分形イーシャンテンに鳴ける赤
・チートイツか仕掛けをみるか
・リーチか仕掛けて完全十分形か
・メンゼンかサンショクか
・サンアンコウか翻牌+赤か
・小倉システム表「リーチ」
・小倉システム表「鳴き」
・コラム 赤あり東風ネット麻雀③

<第四章 押し引き>
・オリに向かう判断
・リーチに対して完全十分形
・赤1+カンチャンの追いかけリーチ
・8000点確定の仕掛けに対抗する
・3900点ホンイツ仕掛けの上家
・オヤに対するケア
・客風と1・9牌がドラの場況
・小倉システム表「押し引き」

<第五章 実戦問題>
・問題1~25

<第六章 メンタル>
・メンタルが勝ち負けを決定する
・集中力を切らせることがメンタル・ミスの第一歩
・確率的に低いネガティブな結果を優先してしまう弱気
・麻雀のオカルト論もメンタルには必要
・自分流のオカルトを見つけて実践してみる
・勝負師はゲンを担ぐ。これもメンタルのため
・健康な体力と運動が集中力を維持させる
・コラム 赤あり東風ネット麻雀④

・あとがき


写真もアップしておきます。
IFIFIF

【魔神の攻め】目次




【魔神の攻め】の目次は以下のとおりです。


・前書き
<第一章> 赤入り麻雀の定石
・チップの概念
・チートイツの待ち取り
・チートイツの手筋
・コラム 思い出深いネット雀士たち①
・鳴きと赤牌
・仕掛けへの踏ん張り
・メンツ落とし
・メンツ→雀頭変更
・コラム 魔神のつぶやき①
・鳴きとメンゼンの分岐①
・鳴きとメンゼンの分岐②
・リーチとダマ①
・リーチとダマ②
・コラム 思い出深いネット雀士たち②
・リーチとダマ③
・リーチとダマ④
・赤牌を使い切る
・赤牌とアガリのバランス
・見逃し
・コラム 思い出深いネット雀士たち③

<第二章 攻撃への備え>
・仕掛けとリーチの分岐点
・ベタオリ
・後手
・回し打ち
・複雑形の対処
・海底牌
・赤の所在
・コラム 魔神のつぶやき②

<第三章 魔神の教室>
・ルール/対局者紹介
・魔神の教室
・コラム 魔神のつぶやき③


写真もアップしておきます。
IFIF

【魔神の読み】目次

 前書き
 コラム 魔神の独白①

<第一章 魔神の脳~理論編~>
 その1 序盤の構え
 その2 鳴き
 その3 後付け
 その4 字牌
 コラム 魔神の独白②
 その5 着順
 その6 点差
 その7 オーラス
 その8 オーラス前
 その9 満貫ツモ条件
 その10 複雑形の捌き
 コラム 魔神の独白③
 その11 リーチ
 その12 危険牌
 その13 押し引き
 その14 手詰まり
 その15 分岐点
 コラム 魔神の独白④


 >> 第二章からの目次はこちら

【最強小倉システム】目次

・まえがき

<第一章 基本概念> ルール別の基本概念
・赤ドラと祝儀で打牌が変わる①~②
・「赤あり東南」リーチの強弱で判断する
・「赤あり東南」鳴くケースが増える
・「赤あり東南」スピード感ある攻めが必要
・「赤あり東南」守備は赤なし東南よりも重視しない
・「赤あり東風」リーチが弱い
・「赤あり東風」鳴きが強い
・「赤あり東風」打点よりもスピード優先
・「赤あり東風」守るより攻めることが有利
・「赤なし東南」リーチが強い
・「赤なし東南」鳴きが弱い
・「赤なし東南」スピードよりも打点優先
・「赤なし東南」どのルールよりも守備重視
・コラム 赤あり東風ネット麻雀①

<第二章 手組>
・メンゼンかタンヤオか
・トイトイがみえるときの選択
・チャンタを狙うか
・チートイツ含みの手筋
・翻牌を鳴くか翻牌雀頭リーチか
・サンショクか手幅か
・ホンイツで打点かドラ1で速度か
・ピンフかタンヤオか
・ダンラスのときの狙い
・トップか赤ドラか
・コラム 赤あり東風ネット麻雀②

<第三章 リーチ&仕掛け>
・ピンフのみはリーチか
・メンゼン赤1はリーチか
・役ありカンチャン2600点
・手役か即リーか
・赤のクッツキ待ちテンパイトラズ
・十分形イーシャンテンに鳴ける赤
・チートイツか仕掛けをみるか
・リーチか仕掛けて完全十分形か
・メンゼンかサンショクか
・サンアンコウか翻牌+赤か
・小倉システム表「リーチ」
・小倉システム表「鳴き」
・コラム 赤あり東風ネット麻雀③

<第四章 押し引き>
・オリに向かう判断
・リーチに対して完全十分形
・赤1+カンチャンの追いかけリーチ
・8000点確定の仕掛けに対抗する
・3900点ホンイツ仕掛けの上家
・オヤに対するケア
・客風と1・9牌がドラの場況
・小倉システム表「押し引き」

<第五章 実戦問題>
・Question1~25

<第六章 メンタル>
・メンタルが勝ち負けを決する
・集中力を切らせることがメンタル・ミスの第一歩
・確率的に低いネガティブな結果を優先してしまう弱気
・麻雀のオカルト論もメンタルには必要
・自分流のオカルトを見つけて実践してみる
・勝負師はゲンを担ぐ。これもメンタルのため
・健康な体力と運動が集中力を維持させる
・コラム 赤あり東風ネット麻雀④

・あとがき

※写真はコチラ
IF

【最強デジタル理論】目次

<プロローグ>
・これこそがデジタルの第一打
・デジタルなら打『北』
・偽デジタル雀士たちの悪手
・進化するデジタル雀士

<第一章 デジタル麻雀の基本手順・手筋> 
・序盤の手順 字牌の扱い方
・序盤の手順 トイツ手をみる
・中盤の手筋 翻牌の切りどき
・中盤の手筋 ペンチャンの捌き
・中盤の手筋 数牌の打牌選択
・中盤の手筋 雀頭固定型
・ゴールを近くする考え方
・押し引きの判断

<第二章 小倉システム牌組編>
・序盤の手順
・ペンチャンを捌く
・有利なシャンテン戻し
・リャンメン カンチャン
・リャンメン シャンポン
・手役の取捨選択
・リーチが狙えないとき
・練習問題 第一問~第七問

<第三章 小倉システムリーチ編>
 ・マンガン以上でもリーチ
 ・美的感覚を持たない
 ・リーチを保留する
 ・どこで受けるか
 ・問題(第一問~第6問)

<第4章 小倉システム仕掛け&赤ドラ編>
 ・仕掛けの基本条件
 ・攻防のホンイツ
 ・食いタンヤオの仕掛け
 ・積極的に仕掛ける
 ・鳴くか鳴かないか
 ・赤ドラ麻雀の手筋
 ・赤ドラターツの処理
 ・赤ドラの取捨選択
 ・問題(第一問~第5問)

<第5章 小倉システム押し引き編>
 ・システムを構築する
 ・打点・残り巡目・持ち点
 ・オヤは押す
 ・仕掛けに対して
 ・形式テンパイ
 ・問題(第一問~第三門)

<第6章 小倉システム読み編>
 ・リーチは読めない
 ・鳴きに対しての読み
 ・マンピンソーの法則
 ・さまざまな読み
 ・問題集(第1問~3問)

<第7章 小倉システム実践・何を切る>
 ・第一問 ~ 第10問

<雀王戦概要>

<あとがき>

<コラム>

 ・土井泰昭の分析①
 ・土井泰昭の分析②


 ※写真はコチラ