【魔神の読み】山読み②

当ページでは、山読み6つのポイントの内、最後の3つを紹介します。
最初の3つのポイントはコチラ



④内から外へのカンチャン落としは、切った牌と一つ隣の牌を持っていない可能性が高い
三筒一筒のカンチャン落としをした相手が一筒二筒三筒を持っている可能性は低い
・それが成り立つのは一筒一筒二筒三筒三筒の時ぐらい
三筒を先に切っているので、四筒も持っていない可能性が高い
一筒三筒五筒六筒一筒三筒五筒六筒七筒と持っているなら三筒から切っても違和感はないが
一筒三筒四筒五筒六筒一筒三筒三筒四筒の形を持っていたら三筒ではなく一筒を切るのが普通だから
三筒から切るのは一筒三筒四筒四筒四筒ぐらい
六筒八筒落としでも同じことが言える
四筒六筒五筒三筒五筒七筒落としのように両方とも内に寄っているカンチャン落としは除く



⑤序盤に切られた牌のスジの牌は持たれている可能性が高い
・序盤に九索が切られていると六索八索が切られていると五索を相手が持っている可能性が高い
九索の場合はそこまで判断がつかない。九索は持っていようとなかろうとすぐ切られやすいから
・しかし、八索から内側はある程度信用できる。くっつきが期待できるから
・絶対ではないが、知っておくと山読みに役に立つ



⑥空切り・振り替えはその牌を持たれている
・これは「鳴き読み」で説明済み(⇒該当ページはコチラ



今回は、「相手の捨て牌から読む」ものでした。
山読みができれば、テンパイ待ちでミスしにくくなり、
その精度が高まるほど勝ち組の仲間入りとなります。


最後に山読みのポイント6つを再確認しておきましょう。
①染め手がいる場合はその色は弱い
②序盤に切られた牌と、その牌の一つ隣は持っていない可能性が高い
③中盤~終盤に手出しで切られた牌の周辺は弱い
④内から外へのカンチャン落としは、切った牌と一つ隣の牌を持っていない可能性が高い
⑤序盤に切られた牌のスジの牌は持たれている可能性が高い
⑥空切り・振り替えはその牌を持たれている



参考になったでしょうか?
くどいですが、リーチ成功率や和了率の高さは実力に直結します。
ぜひマスターしましょう!


↓プロの山読み↓




山読み①はコチラ

【魔神の読み】山読み①

山読みのコツは全部で6つあるのですが、
当ページは、6つあるうちの3つを紹介します。


①染め手がいる場合はその色は弱い
・誰もが知っている事
・その色の受けを嫌うチャンスがあれば積極的に嫌うべき



②序盤に切られた牌と、その牌の一つ隣は持っていない可能性が高い
・これも知っている人が多い
八索が切られているとしたら、七索八索九索も持っていない可能性が高い
八索が余るパターンを考えると、どれも八索が早めに切られる可能性は低い
 <八索が余るパターン>
 1.七索八索八索  2.八索八索九索  3.六索七索八索八索  4.七索八索八索九索  5.七索七索八索  6.八索九索九索



③中盤~終盤に手出しで切られた牌の周辺は弱い
・②と考え方は逆
・中盤以降で手がまとまってきたら、上の例での八索手出しは十分ありうる
・孤立牌で中盤~終盤に手出しで切られることなんてほとんどない



かなり参考になりますよね?
本では具体例を交えて説明しているので、
自分の頭に落とし込みやすく、より理解が進んで雀力が確実にアップします。



最後にポイントをまとめると、こんな感じ
・染め手の色の待ちは嫌うべし!
・序盤の相手の捨て牌をチェックせよ!



ぜひ山読みも実践で取り組んでみましょう!

【魔神の読み】鳴き読み③

続いては、「空切りや振り替えを見破る」コツです。



空切りとは、五筒六筒七筒と持っているところに七筒を持ってきた時、
ツモ切りではなくわざと手の中の七筒を切ることをいい、

振り替えとは、同じく五筒六筒七筒と持っているところに四筒を持ってきた時、
七筒を切ることをいいます。

空切りや振り替えを見破れば、相手のメンツが1つわかってしまいます。




では、その空切りや振り替えを見破るポイントは何かと言うと・・・
ずばり、「不自然な牌が手から出てきたら、空切り・振り替えの可能性有り」です!


そして、「不自然な・・」時というのは次の場合です
①手の内から切った牌によって捨て牌でメンツができた場合
⇒例えば三筒五筒と既に切っているにもかかわらず、手の中から四筒が出てきた時です。
 四筒がわざわざ持っているのは不自然なので、空切り・振り替えの可能性が高いという訳です。


②数巡前に切ってある牌を手の内から切ってきた場合
⇒例えば二筒を早めに切っている相手が、手の中から時間を置いてもう一度二筒を切ってきた場合をいう。
 わざわざ二筒を引っ張っているのは怪しいため、空切り・振り替えの可能性があるという訳です。





参考になったでしょうか?
本書では、具体的も交えてわかりやすく説明してくれています。

そして、相手のメンツを1つ見破ったうえで、「何が切れるか?」まで
考えられて初めてこの読みは意味をなします。

相手の手を読んだ上で自分にとって最良の選択を行う!
これが大事。


・・・難しい(笑
(難しいってことは皆難しいって思ってるわけで、
 ここを乗り越えると勝ち組になれるかも!?)



関連記事はコチラ
鳴き読み①
鳴き読み②

【魔神の読み】鳴き読み①

鳴いた相手の手を読むことは待ちを読むと同時に、
山読みもすることにもなるので非常に重要です。

そして、メンゼンとは違い、鳴きは非常に読みやすく実践的なのでぜひ会得しましょう。

ポイントはここです。
・鳴いたときに出てきた牌を注視
・「チー」は切った牌の色が危険
・「ポン」は全体的に危険



上記ポイントを具体的を踏まえながら説明します。
二筒五筒を「チー」して手出しソーズでソーズ待ちの例>

 ・六萬六萬三筒四筒五索七索九索   ・六萬六萬三筒四筒五索七索七索  

 ・五萬六萬七萬三筒四筒七索九索   ・五萬五萬三筒四筒五索五索六索
 
このように「チー」後の切った牌の色が当たり牌の状況が多いのです。 
もちろん別色が当たるパターンもありますが、やはり同色が一番危ないのです。
なので、「チー」は切った牌の色が危険。覚えておきましょう。
 

 



しかし「ポン」の場合は違います。切った牌と別色が多いのです。
例えば、五萬五萬六萬三筒四筒六索六索 から 六索ポン打六萬で 二筒五筒待ち等・・

もちろん
五萬五萬二筒四筒六筒六索六索   ・二筒三筒四筒五筒七筒六索六索
六索ポンしてピンズ切りでピンズ待ちといったように、
切った色と同じ色が当たる形も十分あります。

つまり「ポン」は、出てきた色のみではどこが危険か判断しづらいのです。
「ポン」は全体的に危険なんです。

 



ではなぜ鳴いたとき出てきた牌がそんなに重要なのでしょうか?
麻雀は1枚手牌に加えて1枚切るゲームです。
何を切ったかは分かりますが、何をツモったかは分かりません。
なのでイーシャンテンの形を読み切ったとしても、最後の待ちがどこになるかまでは分からないのです。

しかし、「鳴き」が入った場合は違います。
鳴きの場合に限り何をツモったのかが分かるのです。
イーシャンテンの形が読めていれば当然一点に絞れますし、
読めていなくても重大なヒントとなるのです。

では、鳴いたときに出てきた牌を覚えてさえいればよいかといえば、もちろんそうではありません。
ただ覚えるだけでなく、
それを基に考えなければならないのです。

ポイントは、「鳴く前の前の形を考える」です。

具体的で見てみましょう。

<対面の待ちを考える>
・ドラ二萬
・対面の捨て牌  南北五筒東八萬二索九筒
・対面の手牌   裏裏裏裏  ポン三索三索横三索  チー一萬二萬三萬   ポン白白横白
三索ポンして打九筒



<答え>
八筒待ち



<理由>
・鳴く前の形は裏裏裏裏三索三索九筒
  ↓
・鳴く前の前の形は裏裏裏裏二索三索三索九筒
  ↓
二索三索三索という強い形を放棄して、打九筒・・・おかしいぞ!?
  ↓
・間違いなく九筒は関連牌
七筒七筒九筒八筒八筒九筒なら二索ではなく九筒打ち
  ↓
・そうなると・・・答えは一つ。すでにテンパイしている状態からポンをして待ち変えをした!
  ↓
・待ちの形としては、七筒九筒八筒九筒四筒五筒六筒七筒九筒等が浮かぶ
  ↓
・序盤の五筒切りから八筒九筒が濃厚
  ↓
・つまり、二索三索三索八筒九筒の形で打二索でテンパイを取り、
 次巡三索が出たためペン七筒を嫌い、変化の効く八筒タンキ待ちを選択




<ポイントのおさらい>
・鳴いたときに出てきた牌を注視
・「チー」は切った牌の色が危険
・「ポン」は全体的に危険
・鳴く前の前の手を読む




読んでいる最中に混乱してしまう人や
そこまで読めない!っていう人は
まだ「読み」を勉強するのは早いかもしれません。
私も書きながらやっと頭が整理されたので、やはり読みは難しいです。


「基本」ができていなければ、まずは「基本」から。
鳴きや押し引き、リーチ基準なんかの精度を上げた方が実力に直結しやすいからです。

しかし、上級者への道はやはり「読み」です。
ぜひ「魔神の読み」を参考にしてみましょう!

※関連記事
⇒ 読みの重要度
⇒ 読みの概念

【魔神の攻め】目次




【魔神の攻め】の目次は以下のとおりです。


・前書き
<第一章> 赤入り麻雀の定石
・チップの概念
・チートイツの待ち取り
・チートイツの手筋
・コラム 思い出深いネット雀士たち①
・鳴きと赤牌
・仕掛けへの踏ん張り
・メンツ落とし
・メンツ→雀頭変更
・コラム 魔神のつぶやき①
・鳴きとメンゼンの分岐①
・鳴きとメンゼンの分岐②
・リーチとダマ①
・リーチとダマ②
・コラム 思い出深いネット雀士たち②
・リーチとダマ③
・リーチとダマ④
・赤牌を使い切る
・赤牌とアガリのバランス
・見逃し
・コラム 思い出深いネット雀士たち③

<第二章 攻撃への備え>
・仕掛けとリーチの分岐点
・ベタオリ
・後手
・回し打ち
・複雑形の対処
・海底牌
・赤の所在
・コラム 魔神のつぶやき②

<第三章 魔神の教室>
・ルール/対局者紹介
・魔神の教室
・コラム 魔神のつぶやき③


写真もアップしておきます。
IFIF

【魔神の読み】読みの概念

渋川プロの読みに対する考え方はこうです。

①読みは非常に難しくて確実性がない
②読みを使う方が有利
③必要以上に過信はしない



「んっ!?」

>>・・結局「読み」は使うべきか使わないべきかはコチラ

【魔神の攻め】渋川流:捨て牌危険度ランキング

渋川プロ著【魔神の攻め】では、
「捨て牌ランキング」を紹介するとともに、
それを基にしたリーチに対する「押し引き」も紹介してくれています。


<リーチに対する危険度ランキング>
A.間4軒
 ・38が切れてる47、27が切れてる36
 ・序盤に切れてる69・14
B.情報のない無スジ、宣言牌のスジ
C.リーチ前に切ってる杯のまたぎ、ワンチャンス、信用ならないスジ
D.リーチのかなり前に切ってる牌のまたぎ、ノーチャンス等シャンポンにしか当たらない牌、
 信用できるスジ
E.通る保障のある牌




<押し引きの基本>
①Aはかなりの良形、高打点でなければテンパイまで切ってはいけない
②シャンテン押しは基本C以上に安全な牌ではないと駄目。
 ただし満貫以上が見えてればBを切っても良し。
③リャンシャンテンからはD以上に安全な牌でないと切っては駄目。
④①~③の条件を満たさない牌を押さなければならない場合は、オリないといけない。
 安牌が無くても一番通りそうな牌を探さなくては行けない。
 安牌が無いからといって押しているようでは負け組




本書では、もっと細かく具体的を交えながら紹介してるのでぜひチャックしてみよう♪



リーチに対してすぐオリる人は全く怖くないですよね?
リーチに対してガンガン攻めてくるヤツは本当怖い。
変にカンチャン、シャンポン待ちなんてできなくなる。
ただ、かと言って無鉄砲に突っ込むとただの「カモ」


中級者から上級者はぜひ取り組んでみよう!



渋川流:ベタオリ必勝法
小倉式「押し引き基準」

【魔神の攻め】渋川流:ベタオリ必勝法

渋川流ベタオリ必勝法を紹介します。
言われてみれば当たり前じゃん!と思えるものでも
実戦ではいつの間にか攻めすぎていることって多々ありますよね?


麻雀は、確立的には4回に一回しかアガれません。
もう一度「ベタオリ」をおさらいしときましょう!


<渋川流:ベタオリ必勝法>
①完全安牌はどうしようもなくなるまでキープしておく
②複数の人に通る安牌を残す
③仕掛けに通った牌は合わせ打ちが大事
④早い仕掛けは無視も駄目だが、今安牌を使うのも駄目
⑤悪い手のときは最初から安牌を抱えておく



それぞれを細かく見ていきましょう。


「①完全安牌はどうしようもなくなるまでキープしておく/②複数の人に通る安牌を残す」
 ・終盤までもつれた場合に特に重要。
 ・オリる牌の候補が複数あるときは、1人にしか通ってない牌を早めに切る
 ・基本的な技術だが、油断しないで最後までやり切ることが大事。
 

「③仕掛けに通った牌は合わせ打ちが大事」
 ・合わせ打ちとは、相手が切った牌を同巡に切ること
 ・リーチ以外のテンパイは、いつテンパイになるか分からない
 ・これも油断しないで、やり切ることが大事


「④早い仕掛けは無視も駄目だが、今安牌を使うのも駄目」
 ・オリると決めても、序盤から安牌を切ってしまうと中盤から終盤にかけて困る
 ・序盤は比較的通りそうな牌(スジや先切り牌のまたぎ等)を切ったり、合わせ打ちをする 
 ・中盤以降のテンパイ濃厚になってから安牌を切るようにする

 

「⑤悪い手のときは最初から安牌を抱えておく」
 ・リーチが入ってから、何を切ろうと考えるようでは遅い
 ・1巡目からリーチが入ったときのことを考えて常に安牌を持っておくぐらいの気持ちがいる
 ・字牌または皆の安牌を大事に持ちながら打つように




 麻雀は半分はベタオリゲーム。
 そして、「いつオリるか」の判断は麻雀の勝因に直結するスキル。
 じゃあその「オリをどう実践するか?」はこの「ベタオリ必勝法」を実行すれば良いわけです(笑

 ぜひ実戦に取り入れてみましょう~♪

【魔神の読み】鳴き理論

「鳴きの差が雀力に反映する」


メンゼンでの手順は誰がやっても、それほど結果に差が出ない局がほとんどだから。
渋川プロをこう説いています。


では、まずは渋川プロが考える「鳴き」のポイントを押さえます。

<ポイント>
・遠くて安牌のない仕掛けはするな
・そこを鳴かないとアガリがきつい牌を鳴け
・メンゼンでやっても打点上昇がそこまで見込めない手を鳴け
・鳴いても打点がそれなりにある手を鳴け
・テンパイと1シャンテンは天地の差



具体的には・・・
・マンガン以上あるとき(打点)
・マンガンなくても役牌の2枚目がでたとき(鳴かないとアガリがきつい)


  二萬四萬六萬一筒二筒五筒八筒九筒一索三索七索   ポン發發横發

例えば、こんな鳴きを「發」一枚目からするようでは「カモ」になってしまいます。
二枚目からはその場での条件で多少変わってはきますが、基本的には鳴きません。
リスクをとってまで1000点を取る必要はありません。

では次の場合ではどうでしょう?
<何を鳴く?>
・東一局
・南家
・7巡目


 ① 三萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒三筒五筒六筒六索六索八索   ドラ三筒

 ② 四萬六萬八萬一筒二筒三索四索五索八索八索白白白   ドラ中


<ポイント>を見てみて是非考えてみて下さいね♪


関連記事はコチラ
「鳴き過ぎ病」にご注意を
小倉式「仕掛けの基本条件」

【魔神の読み】字牌に対する考え方

渋川プロの字牌に対する考え方を見ていきます。

基本的な考え方はこうです。
①字牌は扱いづらい牌である
 ・字牌は縦にしか使えない牌のため扱いづらい
 ・自分が使いづらいということは、相手も使いづらい
 ・使いづらいのでうまく扱うことができれば、実力に差が生まれやすい
 
②字牌の大事さランキング
 ・自風牌>三元牌、場風牌>他家のダブ東、ダブ南>オタ風
 ・オタ風は重なっても仕掛けが効かないのでそれほど必要ない
 ・相手のダブ東、ダブ南は後々まで引っ張った挙句放銃すると最悪なので、
  相手が重ねる前になるべく先に切る
 ・自分だけの風牌は相手にとってもオタ風なので、重なればかなり強いし、安牌になるので大事

③ション牌を先にきるべし
 ・ション牌は結構危険度高い
 ・相手のリーチが来る前に危険牌を処理できる
 ・先に鳴いてもらった方が対応しやすい
 ・相手が重なる前、もしくは鳴きづらい形のときに処理できる
 ・自分の切った牌を鳴いてくれるとツモ番の面で有利になる
 ・他人が切った牌を下家に鳴かれるとツモ番を飛ばされるので大損
 ・それなら自分が切った牌を下家に鳴かれる方が得
 

上記をもっと簡潔にまとめるとこうなります。
・切って鳴かれなければ良し、鳴かれてもツモ番が増えて良し
・役牌は相手に鳴かれても構わない。ション牌は早めに切る


 
字牌は扱いづらいと思ってたけど、
その分うまく使う事ができれば実力に差が出やすいって考え方はかなり参考になりました。
書いてて自分が一番学べてます(笑

本書では各項目について詳しく書かれているし、
具体的も交えて説明してくれるんで、より理解が深まると思います。


⇒ 小倉プロの字牌の扱い方はコチラ

⇒ 【小倉プロの選択】三元牌を鳴くか?翻牌雀頭リーチか?