【最強デジタル理論】赤ドラ麻雀の基本的考え方

【最強小倉システム】オリに向かう判断

<東家は何切る?>
・ドラ八筒
・南家の捨て牌 西中二筒八萬北四索七索横六萬

・北家の捨て牌 南一筒二萬四萬東六筒横五索

・東家の手牌  三萬四萬六萬七萬二筒二筒二筒六筒七筒八筒四索六索八索  ツモ三索




<赤あり東南の場合>
打「六萬」でベタオリをする
・小倉システムでは「リャンシャンテンはオリ」
・ツモ次第では完全十分形が望める手牌でもオリが前提
・赤あり東南はノーテン罰符の価値が低いので、ベタオリしてももったいないとは思わない
・「赤あり東南」はオリとなったらはっきりとベタオリするのが良い



<赤あり東風の場合>
打「六萬」でベタオリをする
・小倉システムでは「2軒リーチはオリ」
・赤あり東風はノーテン罰符の価値が高い
・2軒リーチで無かったら、打「八索」で粘りを見せたいところ。
・東風は最低4局なので、ノーテン罰符の移動で生じる3000点差(2人テンパイ)、
 4000点差(1人ノーテン、1人テンパイ)は大きい。



<赤なし東南の場合>
・打「六萬」でもいいのだが、打「八索」も考慮したい
・赤なし東南は、テンパイを捨てずに回し打ちが基本
・赤なし東南は平均打点が低いので、
 ノーテン罰符でつく3000点差、4000点差がそれなりに大きい



ルール別の押し引きに対する考え方はもちろんだが、
ノーテン罰符の移動で生じる点差、3000点差(2人テンパイ)、
4000点差(1人ノーテン、1人テンパイ)も確認しておこう!



※関連記事はコチラ
⇒ 渋川流:ベタオリ必勝法とは
⇒ 渋川プロの「捨て牌危険度ランキング」とは

【最強小倉システム】リーチに対して完全十分形

<北家は何を切る?>
・ドラ五筒
・南家の捨て牌  西八筒一筒一索四筒七萬横六索東
・北家の手牌   三萬三萬三萬六萬七萬三筒四筒五筒赤六筒七筒  ツモ四萬  チー四索横三索五索  




<赤あり東南の場合>
・打「四萬」で攻める

・赤あり東南は「攻め」か「オリ」かで態度をはっきりさせた方がよい
・打「四萬」で攻め。打「七萬」でベタオリ。




<赤あり東風の場合>
・打「四萬」で完全十分形を維持

・赤あり東南は、「赤1+リャンメン」なら全ツッパ
・完全十分形はテンパイに等しいと考える
・数学的には等しいわけでないが、押し引きの判断材料とするなら等しいと考える
・何が出てもチーをしてリャンメン以上で待つ
・相手の待ちがどうだとかの読みは不要
・ただ自分の手だけを見て全ツッパ
・次の場合も「赤1+リャンメン」なので全ツッパ

 三萬三萬三萬四萬六萬七萬三筒四筒四筒五筒赤六筒  チー四索横三索五索



<赤なし東南の場合>
・ベタオリ

・赤なし東南で高い手に放銃すると取り戻すのが大変
・もちろん行くしかない条件の時は、打「四萬」で腹をくくる




今回の問題は、プロの中でも意見が分かれそうですね。
特に「東南戦」。
守備的な選手はどちらも「ベタオリ」を選択するでしょうね。


ここでは、<赤あり東風>の「赤1+リャンメンなら全ツッパ」を覚えておきましょう。