【最強小倉システム】オヤに対するケア

<北家は何を切る?>
・ドラ中
・東の手牌   裏裏裏裏裏裏裏  二筒二筒横二筒  六索横七索八索
・東の捨て牌  北南九筒二萬中四筒
・北家の手牌  三萬五萬赤五萬六筒八筒一索一索二索三索三索七索八索  ツモ三萬




<赤あり東南の場合>
打「八筒」で自分の手をマイペースに進める
・既にこちらに「赤五萬」があるので、残りの赤を使っても5800点。現実的には2900点か1500点
・オヤの連荘を警戒して、赤あり東南においていまの2900点か1500点にケアする必要はない
・打「三萬」か打「六、八筒」だが、固定してしまう「六、八筒」をさばくのが正解
・「赤五筒」も考慮して打「八筒」
・ドラが字牌のときのタンヤオは点数が見えるので怖くはない





<赤あり東風の場合>
・打「七、八索」
でアガリへの可能性を残しつつも、オリぎみに。
・オヤに鳴かせないというのも大事
・赤あり東風で多く採用さているのは積み場1500点。2本場になれば積みが3000点で大変なことに
・オヤに鳴かれにくい牌といえば一索一索七索八索
・チー六索横七索八索七索八索を鳴かれることはあまりない
・打「一索」だと「三索」を切るのに困るし、「一索」トイツ落としはベタオリになる
・ベタオリは避けたいが、無理も避けたいので、打「七、八索」
・自分が負けている時は連荘に協力すべし!本場が増えれば自分のアガリ点数も増えるため





<赤なし東南の場合>
・打「八筒」
でオヤにケアするこ進める
・積み場が低い赤なし東南のため、連荘はあまり勝負に直結しない
・オヤの仕掛けをケアする時は自分がオヤと競っている時だけ





ポイントは、「テンパイ者のアガリ点数」ですね。
明らかに満貫以上見えていたら、どのルールでも「オリ」ですよね?


麻雀本の「科学する麻雀」で勝因に直結する要素に、
「振り込む点数の高さ」って項目が書いてあったように、
「テンパイ者のアガリ点数」はかなり重要です。


※関連記事はコチラ
 ⇒ 【科学する麻雀】勝因を分ける要因<守り編>はコチラ
 ⇒ 鳴きに対する押し引きはコチラ

【最強小倉システム】役ありカンチャンはリーチか?

<リーチする?しない?>
・サンショクのテンパイ
・赤はない

 二萬三萬四萬二筒四筒九筒九筒二筒三筒四筒五索六索六索   ツモ六索  ドラ七萬


<赤あり東南>
・先行なら打「五索」のリーチが有利
・素直に打点を重視する
・振り替わりは「赤五筒」だけなので手の変化を考える必要なし
・攻めこまれるというマイナス面より
 点数を2600→5200→裏ドラが乗れば8000にするプラスの方がややリード



<赤あり東風>
小倉システムは、「役アリカンチャンはダマテン」
・赤あり東風はツッパりありの展開になることが多い
・めくり合いならカンチャンはやや不利
・「赤五筒」ツモならリーチ

  二萬三萬四萬四筒五筒赤九筒九筒二索三索四索六索六索六索



<赤なし東南>
リーチ
・打点重視のため
・リーチで相手を抑え込んでツモ狙い
・リーチして5200点は、赤なし麻雀においてはかなりの勝負手
・カンチャン、ペンチャンでも2600→5200点なら基本リーチ

 一萬二萬三萬四萬五萬六萬八萬九萬二索三索四索六索六索



大まかなくくりとしては、こんな感じです。
・東風はスピード
・赤なし東南は打点
・赤あり東南はその間
後はそれぞれを深堀する(プロを真似る)だけです。
そして、最後は「実践あるのみ」です!



 ⇒ 渋川プロの「リーチ基準」はコチラ
 ⇒ 渋川流「ダマ条件」はコチラ
 ⇒ 小倉プロの「リーチを保留する条件」はコチラ

【最強デジタル理論】チートイツかトイトイか

<チートイか?トイトイか?>
・東場
・南家

 一萬一萬四萬四萬二索四索四索西西白發發中   ドラ三索


<答え>
トイトイ狙い


<理由>
・デジタルの考え方はトイトイの方がよい
・5トイツで翻牌があればポン
・トイトイは翻牌ひとつで5200点(又は3900点)
・字牌を集めれば、相手の不要牌で構成できるので守備力もクリア
・下記のように手変わりも考えられる

 四萬五萬四索四索五索西西  ツモ三索  打四索    ポン一萬一萬横一萬  ポン發發發横



決め打ちをしないのもアガリを目指す指向が強いと言えますよね。
「5トイツで翻牌があればポン」という答えはありますが、
あくまで、考え方の基準は「スピード、打点、守備力」がポイントです。

参考にしてみましょう♪


※関連記事
小倉プロの仕掛けの基本条件とは
渋川プロの「チートイツ」か「トイトイ」かはコチラ


【最強デジタル理論】序盤の字牌の扱い方

小倉プロの字牌の使い方を見ていきましょう。

ポイントは以下の点です。
・雀頭候補があるかどうか
・雀頭候補がなければ字牌から切る
・メンツ計算がはっきりしているかどうか
・字牌の重なりを期待しないなら先に切る
・「鳴かせない」ことを考える
・親か子で扱い方が変わる
・親なら連荘を考えてなるべく翻牌を残す


ちょっとポイントが多いんで混乱するかもしれないですが、
具体的を交えて説明します。

<何切る?問題①>
 
 一萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒七筒八筒五索七索九索東西


<答え>
・字牌切り



<理由>
・雀頭候補がないため。
・「一萬」切りをしないのは、下記のようなノベタンになる可能性があるから。
・ノベタンの可能性は、ノベタンなんてない字牌より数学的に有利なのは明らかだから。

  一萬二萬三萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒七筒八筒五索七索九索

 



<何切る?問題②>
※字牌切りならどちらから先に切るかも答えて下さい。
 
  一萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索東西


<答え>
・「一萬」 → 「西」切り



<理由>
・雀頭があるのでノベタンが必要ない。
・「東」切りが先ではないのは、4メンツ計算が確定していないため
・筒子が伸びれば4メンツ計算は足りるが、今の形なら「東」を重ねポンで十分アガリを目指せる


 


<何切る?問題③>
※親と子それぞれの場合で答えて下さい。

 四萬六萬二筒三筒四筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索東西

<答え/子の場合>
・打「東」


<理由/子の場合>
・雀頭候補あり
・4メンツ計算有りのため、「東」の重なりを期待せずに良い
・鳴かせないためにも一巡でも役牌を切るべし

<親の場合>
オヤなら連荘を考え、役牌はなるべく残すため「西」切り

具体的は以上です。


最後にもう一度ポイントを確認しましょう。
・雀頭候補があるかどうか(メンツより雀頭成立の方が確率的に難しい)
・雀頭候補がなければ字牌から切る
・メンツ計算がはっきりしているかどうか
・字牌の重なりを期待しないなら先に切る
・「鳴かせない」ことを考える
・親か子で扱い方が変わる
・親なら連荘を考えてなるべく翻牌を残す



渋川プロの字牌の扱い方も確認!
 渋川プロの字牌の扱い方

⇒ 真のデジタル派の第一打とは!?

【最強デジタル理論】仕掛けの基本条件

小倉孝プロの仕掛けの基本条件は以下の3点。

 ①打点 
 ②スピード
 ③守備力


このどれか一つでも満たしていれば「仕掛けOK!」となる。
では、それぞれを細かく見ていこう。


まず①の打点はこうだ。
 ・マンガン以上の高打点であるか
 ・マンガン以下ならメンゼンで期待できる得点の1/3以下であるか(一発・裏ドラは考慮外)


続いて②のスピード
 ・3~4シャンテンから鳴きを考える

最後に③の守備力
 ・メンゼンの目標はリーチであり、リーチならオールツモ切り
 ・鳴きは最後まで打牌を選べる(オリたり、回り打ちができる)
 ・よってメンゼンの方攻撃的であり、鳴きの方が守備的だと考える




これらを踏まえて具体的を見ていこう

 一萬二萬二萬四筒五筒二索三索三索南南西發發  ドラ一筒

 發が出れば鳴くか?  <前提:北家>


 <答え>
  發ポンで問題なし

 <理由>
  ・鳴いて1000点、メンゼンでも1300~1600点(①打点クリア!)
  ・南は雀頭候補なので、オリる時も困らない(③守備力クリア!)



 「なんとなく・・・」で鳴いていないだろうか?
 ぜひ参考にしよう!

 また、具体的のように3つのうち2つクリアしていれば自信を持ってい良いが、
 1つしかクリアしていなければより精度の高い判断が求められるぞ。
 あとは自分なりのシステムを作り上げよう。
  

 ※逆に相手が鳴いた時はどうしているのか?
 ⇒小倉式「鳴きに対しての押し引き」はコチラ
  
 

【最強デジタル理論】リーチを保留する

小倉プロは、マンガン以上でもリーチする等、基本「テンパイ即リーチ」だが、
リーチを保留する場合もある。

リーチ保留の基準は、

 ①手変わりを期待できるツモ牌は4種以上あるか?
 (出アガリとツモによる変化の差が4対1だから4種)

 ②手変わりによって得点が上がるのか?


この2点。
どういうことか具体例を出して説明しよう。


問題;何切る?

 二萬三萬二筒三筒四筒九筒九筒二索三索四索五索七索九索    ツモ一萬   ドラ三萬


答え:打九索でダマ。



理由はこうだ。
この場合、手変わりによって得点が上がるツモ牌は、以下の4種。

一索三索四索なら平和
四萬なら三色

なんで、上の基準①と②の満たしているから「打九索でダマ」が答え。

シンプル~(笑
本ではさらに細かく例題を交えて紹介してるぞい!


⇒ 小倉式【押し引き】はコチラ


【最強デジタル理論】鳴きに対しての押し引き

小倉氏は【鳴きに対しての押し引き】もシステム化している。
恐るべし・・・

基本的な考えは通常の【押し引き】と同じ。
通常の【押し引き】システムはコチラ

通常の押し引きシステムの【◆相手のシャンテン数】を【◆相手のフーロ数】 へ変更するだけ。


◆相手のフーロ数
 ・1フーロ   -5
 ・2フーロ   -10
 ・3フーロ   -15

◆対ホンイツはさらに追加
 ・相手の染めている牌が出てきた          -15
 ・相手の字牌が3種類以上出てきた         -5
 ・相手の字牌が1~2牌出てきた          +2
 ・相手の字牌もその染め色も1枚も余っていない   無視


以上。


もっと深堀した情報が知りたいならぜひ本を手に取ってみよう♪
麻雀が必ず強くなります!



通常の【押し引き表】はコチラ

【最強デジタル理論】小倉式押し引き

小倉氏の強さは、
 
 ●麻雀をシステム化している
 ●それをどんな状況でも実践できる鉄のハート

この2点だ。
とてもシンプルだが、実践することはとてつもなく難しい。

このページでは、
一つ目の「システム化」を見ていく。

さらに項目は「押し引き」だ。


では、早速紹介しよう。


前提:全ての合計値がプラスだったら押す。マイナスだったら引く。

◆自分のシャンテン数
 ・テンパイ     +15
 ・1シャンテン    0
 ・2シャンテン   -10

◆相手のシャンテン数
 ・テンパイ     -15
 ・2人テンパイ   -30

◆自分の残り形
 ・好形のみ     +6
 ・愚形1残り    0
 ・愚形2残り    -4
 ・愚形3残り   -12

◆オヤor子
 ・オヤ      +5
 ・子        0

◆相手の打点(おおよそ)
 ・1000点   +5
 ・3000点   0
 ・5000点   -2
 ・8000点   -3
 ・12000点  -5
 ・16000点  -10

◆自分の打点(おおよそ)
 ・1000点   -4
 ・4000点   0
 ・8000点   +4
 ・12000点  +5
 ・16000点  +6
 ・32000点  +10

◆巡目
 式:(7-巡目)= ?

◆自分の持ち点
 式:(1つ下の着順の他家の持ち点 - 1つ上の着順の他家の持ち点)
    ÷1000÷(残り局数)= ?


前提:全ての合計値がプラスだったら押す。マイナスだったら引く。

以上。


ぜひ、参考にしてみよう~♪
書いたら雀力が上がった気がする(笑


福地式「好形」「悪形」とは

【最強デジタル理論】目次

<プロローグ>
・これこそがデジタルの第一打
・デジタルなら打『北』
・偽デジタル雀士たちの悪手
・進化するデジタル雀士

<第一章 デジタル麻雀の基本手順・手筋> 
・序盤の手順 字牌の扱い方
・序盤の手順 トイツ手をみる
・中盤の手筋 翻牌の切りどき
・中盤の手筋 ペンチャンの捌き
・中盤の手筋 数牌の打牌選択
・中盤の手筋 雀頭固定型
・ゴールを近くする考え方
・押し引きの判断

<第二章 小倉システム牌組編>
・序盤の手順
・ペンチャンを捌く
・有利なシャンテン戻し
・リャンメン カンチャン
・リャンメン シャンポン
・手役の取捨選択
・リーチが狙えないとき
・練習問題 第一問~第七問

<第三章 小倉システムリーチ編>
 ・マンガン以上でもリーチ
 ・美的感覚を持たない
 ・リーチを保留する
 ・どこで受けるか
 ・問題(第一問~第6問)

<第4章 小倉システム仕掛け&赤ドラ編>
 ・仕掛けの基本条件
 ・攻防のホンイツ
 ・食いタンヤオの仕掛け
 ・積極的に仕掛ける
 ・鳴くか鳴かないか
 ・赤ドラ麻雀の手筋
 ・赤ドラターツの処理
 ・赤ドラの取捨選択
 ・問題(第一問~第5問)

<第5章 小倉システム押し引き編>
 ・システムを構築する
 ・打点・残り巡目・持ち点
 ・オヤは押す
 ・仕掛けに対して
 ・形式テンパイ
 ・問題(第一問~第三門)

<第6章 小倉システム読み編>
 ・リーチは読めない
 ・鳴きに対しての読み
 ・マンピンソーの法則
 ・さまざまな読み
 ・問題集(第1問~3問)

<第7章 小倉システム実践・何を切る>
 ・第一問 ~ 第10問

<雀王戦概要>

<あとがき>

<コラム>

 ・土井泰昭の分析①
 ・土井泰昭の分析②


 ※写真はコチラ