【最強デジタル理論】序盤の字牌の扱い方

小倉プロの字牌の使い方を見ていきましょう。

ポイントは以下の点です。
・雀頭候補があるかどうか
・雀頭候補がなければ字牌から切る
・メンツ計算がはっきりしているかどうか
・字牌の重なりを期待しないなら先に切る
・「鳴かせない」ことを考える
・親か子で扱い方が変わる
・親なら連荘を考えてなるべく翻牌を残す


ちょっとポイントが多いんで混乱するかもしれないですが、
具体的を交えて説明します。

<何切る?問題①>
 
 一萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒七筒八筒五索七索九索東西


<答え>
・字牌切り



<理由>
・雀頭候補がないため。
・「一萬」切りをしないのは、下記のようなノベタンになる可能性があるから。
・ノベタンの可能性は、ノベタンなんてない字牌より数学的に有利なのは明らかだから。

  一萬二萬三萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒七筒八筒五索七索九索

 



<何切る?問題②>
※字牌切りならどちらから先に切るかも答えて下さい。
 
  一萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索東西


<答え>
・「一萬」 → 「西」切り



<理由>
・雀頭があるのでノベタンが必要ない。
・「東」切りが先ではないのは、4メンツ計算が確定していないため
・筒子が伸びれば4メンツ計算は足りるが、今の形なら「東」を重ねポンで十分アガリを目指せる


 


<何切る?問題③>
※親と子それぞれの場合で答えて下さい。

 四萬六萬二筒三筒四筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索東西

<答え/子の場合>
・打「東」


<理由/子の場合>
・雀頭候補あり
・4メンツ計算有りのため、「東」の重なりを期待せずに良い
・鳴かせないためにも一巡でも役牌を切るべし

<親の場合>
オヤなら連荘を考え、役牌はなるべく残すため「西」切り

具体的は以上です。


最後にもう一度ポイントを確認しましょう。
・雀頭候補があるかどうか(メンツより雀頭成立の方が確率的に難しい)
・雀頭候補がなければ字牌から切る
・メンツ計算がはっきりしているかどうか
・字牌の重なりを期待しないなら先に切る
・「鳴かせない」ことを考える
・親か子で扱い方が変わる
・親なら連荘を考えてなるべく翻牌を残す



渋川プロの字牌の扱い方も確認!
 渋川プロの字牌の扱い方

⇒ 真のデジタル派の第一打とは!?

【魔神の読み】字牌に対する考え方

渋川プロの字牌に対する考え方を見ていきます。

基本的な考え方はこうです。
①字牌は扱いづらい牌である
 ・字牌は縦にしか使えない牌のため扱いづらい
 ・自分が使いづらいということは、相手も使いづらい
 ・使いづらいのでうまく扱うことができれば、実力に差が生まれやすい
 
②字牌の大事さランキング
 ・自風牌>三元牌、場風牌>他家のダブ東、ダブ南>オタ風
 ・オタ風は重なっても仕掛けが効かないのでそれほど必要ない
 ・相手のダブ東、ダブ南は後々まで引っ張った挙句放銃すると最悪なので、
  相手が重ねる前になるべく先に切る
 ・自分だけの風牌は相手にとってもオタ風なので、重なればかなり強いし、安牌になるので大事

③ション牌を先にきるべし
 ・ション牌は結構危険度高い
 ・相手のリーチが来る前に危険牌を処理できる
 ・先に鳴いてもらった方が対応しやすい
 ・相手が重なる前、もしくは鳴きづらい形のときに処理できる
 ・自分の切った牌を鳴いてくれるとツモ番の面で有利になる
 ・他人が切った牌を下家に鳴かれるとツモ番を飛ばされるので大損
 ・それなら自分が切った牌を下家に鳴かれる方が得
 

上記をもっと簡潔にまとめるとこうなります。
・切って鳴かれなければ良し、鳴かれてもツモ番が増えて良し
・役牌は相手に鳴かれても構わない。ション牌は早めに切る


 
字牌は扱いづらいと思ってたけど、
その分うまく使う事ができれば実力に差が出やすいって考え方はかなり参考になりました。
書いてて自分が一番学べてます(笑

本書では各項目について詳しく書かれているし、
具体的も交えて説明してくれるんで、より理解が深まると思います。


⇒ 小倉プロの字牌の扱い方はコチラ

⇒ 【小倉プロの選択】三元牌を鳴くか?翻牌雀頭リーチか?

【最強デジタル理論】翻牌を鳴くか翻牌雀頭リーチか

・翻牌を鳴くか?
・鳴かずに翻牌雀頭リーチか
この2択も悩みますよね~
「リーチしたいんだけど、先制の方が大事。だけど打点も欲しいし・・・」
ちょくちょくありますよね(笑

小倉プロの考え方を見ていこう。

<問題>
 發を鳴くか、メンゼンで進めるか


 三萬四萬九萬九萬九萬三筒四筒五筒七筒八筒發發東  ドラ四筒  出發(一枚目)






<赤あり東南の場合>
●ポンして次の形
 三萬四萬九萬九萬九萬三筒四筒五筒赤七筒八筒  發發横發

●理由
・メンゼンリーチでウラがなければ2600点から1300・2600まで。
・悪くはないが、大きなリードとはいえずメンゼンにこだわることに疑問。
・赤あり東南は局を重ねて、高打点のチャンスの配牌に巡り合う時に高打点を目指せばよい。
・きっちりアガれるところは、アガっておくのが小倉システム。
・赤が見えない時は、他家がチャンス手の可能性有なので、自分が素早くアガっておく。



<赤なし東南の場合>
●リーヅモ・オモウラを狙って鳴かない

●理由
・赤なし東南では間に合うことの方に期待。それほど他ルールとはスピードに差がある。
・オヤなら確実な連荘狙いで「發」ポンもあり。
三索四索七筒八筒が重なって二枚目の「發」が出ればポンテン。



ルールによって戦略を変える必要性を説く小倉プロ。
ルールごとにシステムを構築しろ!ってことだな。
システム構築は簡単ではない(汗


小倉プロの「仕掛けの基本条件」はコチラ
渋川プロ提唱!「鳴き過ぎ病」にご注意を!

【最強デジタル理論】これぞデジタルの第一打!

<条件>
 ●東一局0本場
 ●西家
 ●一巡目
 ●ドラ八索
 
  一萬三萬三筒四筒四筒五筒七筒六索九索九索東白  ツモ一筒


  何切る?





<答え>
 ●打東

<理由>
 ●デジタルには絞りの発想がない
 ●「ポン」をされないことが前提
 ●鳴かれてはいけない牌から切る
 ●デジタルは、ピンズを一筒三筒四筒四筒五筒七筒の3ターツとして構想する



 あなたの答えは何だっただろうか?
 打一筒?  打白?  打九索
 
 もしあなたが「デジタル派」だと自分では思っていて、打東以外だったら「偽デジタル派」となる(汗
 打白なら「半端デジタル派」だ(笑