【最強小倉システム】オリに向かう判断

<東家は何切る?>
・ドラ八筒
・南家の捨て牌 西中二筒八萬北四索七索横六萬

・北家の捨て牌 南一筒二萬四萬東六筒横五索

・東家の手牌  三萬四萬六萬七萬二筒二筒二筒六筒七筒八筒四索六索八索  ツモ三索




<赤あり東南の場合>
打「六萬」でベタオリをする
・小倉システムでは「リャンシャンテンはオリ」
・ツモ次第では完全十分形が望める手牌でもオリが前提
・赤あり東南はノーテン罰符の価値が低いので、ベタオリしてももったいないとは思わない
・「赤あり東南」はオリとなったらはっきりとベタオリするのが良い



<赤あり東風の場合>
打「六萬」でベタオリをする
・小倉システムでは「2軒リーチはオリ」
・赤あり東風はノーテン罰符の価値が高い
・2軒リーチで無かったら、打「八索」で粘りを見せたいところ。
・東風は最低4局なので、ノーテン罰符の移動で生じる3000点差(2人テンパイ)、
 4000点差(1人ノーテン、1人テンパイ)は大きい。



<赤なし東南の場合>
・打「六萬」でもいいのだが、打「八索」も考慮したい
・赤なし東南は、テンパイを捨てずに回し打ちが基本
・赤なし東南は平均打点が低いので、
 ノーテン罰符でつく3000点差、4000点差がそれなりに大きい



ルール別の押し引きに対する考え方はもちろんだが、
ノーテン罰符の移動で生じる点差、3000点差(2人テンパイ)、
4000点差(1人ノーテン、1人テンパイ)も確認しておこう!



※関連記事はコチラ
⇒ 渋川流:ベタオリ必勝法とは
⇒ 渋川プロの「捨て牌危険度ランキング」とは

【魔神の攻め】渋川流:ベタオリ必勝法

渋川流ベタオリ必勝法を紹介します。
言われてみれば当たり前じゃん!と思えるものでも
実戦ではいつの間にか攻めすぎていることって多々ありますよね?


麻雀は、確立的には4回に一回しかアガれません。
もう一度「ベタオリ」をおさらいしときましょう!


<渋川流:ベタオリ必勝法>
①完全安牌はどうしようもなくなるまでキープしておく
②複数の人に通る安牌を残す
③仕掛けに通った牌は合わせ打ちが大事
④早い仕掛けは無視も駄目だが、今安牌を使うのも駄目
⑤悪い手のときは最初から安牌を抱えておく



それぞれを細かく見ていきましょう。


「①完全安牌はどうしようもなくなるまでキープしておく/②複数の人に通る安牌を残す」
 ・終盤までもつれた場合に特に重要。
 ・オリる牌の候補が複数あるときは、1人にしか通ってない牌を早めに切る
 ・基本的な技術だが、油断しないで最後までやり切ることが大事。
 

「③仕掛けに通った牌は合わせ打ちが大事」
 ・合わせ打ちとは、相手が切った牌を同巡に切ること
 ・リーチ以外のテンパイは、いつテンパイになるか分からない
 ・これも油断しないで、やり切ることが大事


「④早い仕掛けは無視も駄目だが、今安牌を使うのも駄目」
 ・オリると決めても、序盤から安牌を切ってしまうと中盤から終盤にかけて困る
 ・序盤は比較的通りそうな牌(スジや先切り牌のまたぎ等)を切ったり、合わせ打ちをする 
 ・中盤以降のテンパイ濃厚になってから安牌を切るようにする

 

「⑤悪い手のときは最初から安牌を抱えておく」
 ・リーチが入ってから、何を切ろうと考えるようでは遅い
 ・1巡目からリーチが入ったときのことを考えて常に安牌を持っておくぐらいの気持ちがいる
 ・字牌または皆の安牌を大事に持ちながら打つように




 麻雀は半分はベタオリゲーム。
 そして、「いつオリるか」の判断は麻雀の勝因に直結するスキル。
 じゃあその「オリをどう実践するか?」はこの「ベタオリ必勝法」を実行すれば良いわけです(笑

 ぜひ実戦に取り入れてみましょう~♪