【魔神の読み】山読み②

当ページでは、山読み6つのポイントの内、最後の3つを紹介します。
最初の3つのポイントはコチラ



④内から外へのカンチャン落としは、切った牌と一つ隣の牌を持っていない可能性が高い
三筒一筒のカンチャン落としをした相手が一筒二筒三筒を持っている可能性は低い
・それが成り立つのは一筒一筒二筒三筒三筒の時ぐらい
三筒を先に切っているので、四筒も持っていない可能性が高い
一筒三筒五筒六筒一筒三筒五筒六筒七筒と持っているなら三筒から切っても違和感はないが
一筒三筒四筒五筒六筒一筒三筒三筒四筒の形を持っていたら三筒ではなく一筒を切るのが普通だから
三筒から切るのは一筒三筒四筒四筒四筒ぐらい
六筒八筒落としでも同じことが言える
四筒六筒五筒三筒五筒七筒落としのように両方とも内に寄っているカンチャン落としは除く



⑤序盤に切られた牌のスジの牌は持たれている可能性が高い
・序盤に九索が切られていると六索八索が切られていると五索を相手が持っている可能性が高い
九索の場合はそこまで判断がつかない。九索は持っていようとなかろうとすぐ切られやすいから
・しかし、八索から内側はある程度信用できる。くっつきが期待できるから
・絶対ではないが、知っておくと山読みに役に立つ



⑥空切り・振り替えはその牌を持たれている
・これは「鳴き読み」で説明済み(⇒該当ページはコチラ



今回は、「相手の捨て牌から読む」ものでした。
山読みができれば、テンパイ待ちでミスしにくくなり、
その精度が高まるほど勝ち組の仲間入りとなります。


最後に山読みのポイント6つを再確認しておきましょう。
①染め手がいる場合はその色は弱い
②序盤に切られた牌と、その牌の一つ隣は持っていない可能性が高い
③中盤~終盤に手出しで切られた牌の周辺は弱い
④内から外へのカンチャン落としは、切った牌と一つ隣の牌を持っていない可能性が高い
⑤序盤に切られた牌のスジの牌は持たれている可能性が高い
⑥空切り・振り替えはその牌を持たれている



参考になったでしょうか?
くどいですが、リーチ成功率や和了率の高さは実力に直結します。
ぜひマスターしましょう!


↓プロの山読み↓




山読み①はコチラ

【魔神の読み】山読み①

山読みのコツは全部で6つあるのですが、
当ページは、6つあるうちの3つを紹介します。


①染め手がいる場合はその色は弱い
・誰もが知っている事
・その色の受けを嫌うチャンスがあれば積極的に嫌うべき



②序盤に切られた牌と、その牌の一つ隣は持っていない可能性が高い
・これも知っている人が多い
八索が切られているとしたら、七索八索九索も持っていない可能性が高い
八索が余るパターンを考えると、どれも八索が早めに切られる可能性は低い
 <八索が余るパターン>
 1.七索八索八索  2.八索八索九索  3.六索七索八索八索  4.七索八索八索九索  5.七索七索八索  6.八索九索九索



③中盤~終盤に手出しで切られた牌の周辺は弱い
・②と考え方は逆
・中盤以降で手がまとまってきたら、上の例での八索手出しは十分ありうる
・孤立牌で中盤~終盤に手出しで切られることなんてほとんどない



かなり参考になりますよね?
本では具体例を交えて説明しているので、
自分の頭に落とし込みやすく、より理解が進んで雀力が確実にアップします。



最後にポイントをまとめると、こんな感じ
・染め手の色の待ちは嫌うべし!
・序盤の相手の捨て牌をチェックせよ!



ぜひ山読みも実践で取り組んでみましょう!

【魔神の読み】鳴き読み④

最後の鳴き読みは

 「食い延ばしを見破る」

です。


食い延ばしとは、二索三索四索五索七索のような形で一索四索もしくは三索を鳴いて、
七索として待ちの数を増やすことをいいます。


食い延ばしに気づくことができれば、相手の待ちがわかってしまい、
押し引きの判断がかなり楽になります。


一見難しそうですが、見破るにはいくつかのパターンを覚えてしまえば良いのです。
そのパターンは、以下の3つです。


①鳴いた牌のスジの牌が出てくる
 ⇒切られた牌の裏スジが待ち

 ・三索四索五索六索八索から二索五索を鳴いて打八索四索七索待ち)
 ・二索三索四索五索七索から一索四索を鳴いて打七索三索六索待ち)



②さらした牌の二つ隣の牌が出てくる
 ⇒切られた牌のまたぎスジが待ち

 ・四索五索六索七索七索から四索五索をさらして打七索五索八索待ち)
 ・二索二索三索四索五索から四索五索をさらして打二索一索四索待ち)

 ⇒切られた牌のスジが待ち
 ・三索四索五索六索八索から五索六索をさらして打八索二索五索待ち)
 ・二索三索四索五索七索から四索五索をさらして打七索一索四索待ち)



③さらした牌が出てくる
 ⇒さらした牌の切っていない方のスジが待ち

 ・四索五索五索五索六索から五索六索をさらして打五索三索六索待ち)
 ・二索三索四索五索五索から四索五索をさらして打五索一索四索待ち)



この3パターンを覚えてしまい、あとは実践で検証を繰り返せば、
読むスピードも早くなり、より実践的に使えるという訳です。

ぜひ参考にしてみましょう!

※関連記事はコチラ
鳴き読み①
鳴き読み②
鳴き読み③

【魔神の読み】鳴き読み③

続いては、「空切りや振り替えを見破る」コツです。



空切りとは、五筒六筒七筒と持っているところに七筒を持ってきた時、
ツモ切りではなくわざと手の中の七筒を切ることをいい、

振り替えとは、同じく五筒六筒七筒と持っているところに四筒を持ってきた時、
七筒を切ることをいいます。

空切りや振り替えを見破れば、相手のメンツが1つわかってしまいます。




では、その空切りや振り替えを見破るポイントは何かと言うと・・・
ずばり、「不自然な牌が手から出てきたら、空切り・振り替えの可能性有り」です!


そして、「不自然な・・」時というのは次の場合です
①手の内から切った牌によって捨て牌でメンツができた場合
⇒例えば三筒五筒と既に切っているにもかかわらず、手の中から四筒が出てきた時です。
 四筒がわざわざ持っているのは不自然なので、空切り・振り替えの可能性が高いという訳です。


②数巡前に切ってある牌を手の内から切ってきた場合
⇒例えば二筒を早めに切っている相手が、手の中から時間を置いてもう一度二筒を切ってきた場合をいう。
 わざわざ二筒を引っ張っているのは怪しいため、空切り・振り替えの可能性があるという訳です。





参考になったでしょうか?
本書では、具体的も交えてわかりやすく説明してくれています。

そして、相手のメンツを1つ見破ったうえで、「何が切れるか?」まで
考えられて初めてこの読みは意味をなします。

相手の手を読んだ上で自分にとって最良の選択を行う!
これが大事。


・・・難しい(笑
(難しいってことは皆難しいって思ってるわけで、
 ここを乗り越えると勝ち組になれるかも!?)



関連記事はコチラ
鳴き読み①
鳴き読み②

【魔神の読み】鳴き読み②

鳴き読みの二つ目のコツは、

 何を鳴いてないか考える

です。


これを考えることで次のような事がわかります。
①鳴いた人の上家が切った牌は高確率で通る
②直前に切られた牌を手出しで切ってきたらそのまたぎスジは比較的安全
③上家が切った牌周辺を鳴いた人が手出しすれば形の推理ができる



それぞれを細かく見ていきましょう!
<①鳴いた人の上家が切った牌は高確率で通る>
・その牌が待ちになっているなら、上家が切った時点で鳴く可能性が高いから
・今回の3つのポイントの中で最も大事
・手出しが何度か入っても、比較的信用できる
・ただしその切られた牌の周辺が手出しで出てくると、危険度がアップ


<②直前に切られた牌を手出しで切ってきたらそのまたぎスジは比較的安全>
・例えば、切られた七筒に何の反応も示さなかった相手が、二索横三索四索で鳴いて打七筒とした場合
・その場合、待ちがまたぎの六筒九筒五筒八筒だと仮定すると、
 その前の形が七筒七筒八筒六筒七筒七筒なので七筒をポンしているはず
・つまりポンをしていない時点で六筒九筒五筒八筒待ちは否定されるというのが理由



<③上家が切った牌周辺を鳴いた人が手出しすれば形の推理ができる>
これは具体的を用いて説明してくれています。
この理論の見れば、なるほど~。。って感じです。
できれば説明したいのですが、ブログでの説明が難しいのでこれは本書に任せます(汗
ぜひ本書をチェックしてみて下さい!必見です!


ポイントは、「何を鳴いていないかを考える」です。
もっと言えば、「鳴いた人の上家の捨て牌は要チェック」っていうことになりますね。


ぜひ、頭一つ抜け出すスキル「読み」をマスターしましょう♪


※関連記事
⇒ 鳴き読み①
⇒ 読みへの考え方