【魔神の読み】山読み②

当ページでは、山読み6つのポイントの内、最後の3つを紹介します。
最初の3つのポイントはコチラ



④内から外へのカンチャン落としは、切った牌と一つ隣の牌を持っていない可能性が高い
三筒一筒のカンチャン落としをした相手が一筒二筒三筒を持っている可能性は低い
・それが成り立つのは一筒一筒二筒三筒三筒の時ぐらい
三筒を先に切っているので、四筒も持っていない可能性が高い
一筒三筒五筒六筒一筒三筒五筒六筒七筒と持っているなら三筒から切っても違和感はないが
一筒三筒四筒五筒六筒一筒三筒三筒四筒の形を持っていたら三筒ではなく一筒を切るのが普通だから
三筒から切るのは一筒三筒四筒四筒四筒ぐらい
六筒八筒落としでも同じことが言える
四筒六筒五筒三筒五筒七筒落としのように両方とも内に寄っているカンチャン落としは除く



⑤序盤に切られた牌のスジの牌は持たれている可能性が高い
・序盤に九索が切られていると六索八索が切られていると五索を相手が持っている可能性が高い
九索の場合はそこまで判断がつかない。九索は持っていようとなかろうとすぐ切られやすいから
・しかし、八索から内側はある程度信用できる。くっつきが期待できるから
・絶対ではないが、知っておくと山読みに役に立つ



⑥空切り・振り替えはその牌を持たれている
・これは「鳴き読み」で説明済み(⇒該当ページはコチラ



今回は、「相手の捨て牌から読む」ものでした。
山読みができれば、テンパイ待ちでミスしにくくなり、
その精度が高まるほど勝ち組の仲間入りとなります。


最後に山読みのポイント6つを再確認しておきましょう。
①染め手がいる場合はその色は弱い
②序盤に切られた牌と、その牌の一つ隣は持っていない可能性が高い
③中盤~終盤に手出しで切られた牌の周辺は弱い
④内から外へのカンチャン落としは、切った牌と一つ隣の牌を持っていない可能性が高い
⑤序盤に切られた牌のスジの牌は持たれている可能性が高い
⑥空切り・振り替えはその牌を持たれている



参考になったでしょうか?
くどいですが、リーチ成功率や和了率の高さは実力に直結します。
ぜひマスターしましょう!


↓プロの山読み↓




山読み①はコチラ

コメントを残す