【魔神の読み】鳴き読み④

最後の鳴き読みは

 「食い延ばしを見破る」

です。


食い延ばしとは、二索三索四索五索七索のような形で一索四索もしくは三索を鳴いて、
七索として待ちの数を増やすことをいいます。


食い延ばしに気づくことができれば、相手の待ちがわかってしまい、
押し引きの判断がかなり楽になります。


一見難しそうですが、見破るにはいくつかのパターンを覚えてしまえば良いのです。
そのパターンは、以下の3つです。


①鳴いた牌のスジの牌が出てくる
 ⇒切られた牌の裏スジが待ち

 ・三索四索五索六索八索から二索五索を鳴いて打八索四索七索待ち)
 ・二索三索四索五索七索から一索四索を鳴いて打七索三索六索待ち)



②さらした牌の二つ隣の牌が出てくる
 ⇒切られた牌のまたぎスジが待ち

 ・四索五索六索七索七索から四索五索をさらして打七索五索八索待ち)
 ・二索二索三索四索五索から四索五索をさらして打二索一索四索待ち)

 ⇒切られた牌のスジが待ち
 ・三索四索五索六索八索から五索六索をさらして打八索二索五索待ち)
 ・二索三索四索五索七索から四索五索をさらして打七索一索四索待ち)



③さらした牌が出てくる
 ⇒さらした牌の切っていない方のスジが待ち

 ・四索五索五索五索六索から五索六索をさらして打五索三索六索待ち)
 ・二索三索四索五索五索から四索五索をさらして打五索一索四索待ち)



この3パターンを覚えてしまい、あとは実践で検証を繰り返せば、
読むスピードも早くなり、より実践的に使えるという訳です。

ぜひ参考にしてみましょう!

※関連記事はコチラ
鳴き読み①
鳴き読み②
鳴き読み③

コメントを残す