【魔神の読み】鳴き読み③

続いては、「空切りや振り替えを見破る」コツです。



空切りとは、五筒六筒七筒と持っているところに七筒を持ってきた時、
ツモ切りではなくわざと手の中の七筒を切ることをいい、

振り替えとは、同じく五筒六筒七筒と持っているところに四筒を持ってきた時、
七筒を切ることをいいます。

空切りや振り替えを見破れば、相手のメンツが1つわかってしまいます。




では、その空切りや振り替えを見破るポイントは何かと言うと・・・
ずばり、「不自然な牌が手から出てきたら、空切り・振り替えの可能性有り」です!


そして、「不自然な・・」時というのは次の場合です
①手の内から切った牌によって捨て牌でメンツができた場合
⇒例えば三筒五筒と既に切っているにもかかわらず、手の中から四筒が出てきた時です。
 四筒がわざわざ持っているのは不自然なので、空切り・振り替えの可能性が高いという訳です。


②数巡前に切ってある牌を手の内から切ってきた場合
⇒例えば二筒を早めに切っている相手が、手の中から時間を置いてもう一度二筒を切ってきた場合をいう。
 わざわざ二筒を引っ張っているのは怪しいため、空切り・振り替えの可能性があるという訳です。





参考になったでしょうか?
本書では、具体的も交えてわかりやすく説明してくれています。

そして、相手のメンツを1つ見破ったうえで、「何が切れるか?」まで
考えられて初めてこの読みは意味をなします。

相手の手を読んだ上で自分にとって最良の選択を行う!
これが大事。


・・・難しい(笑
(難しいってことは皆難しいって思ってるわけで、
 ここを乗り越えると勝ち組になれるかも!?)



関連記事はコチラ
鳴き読み①
鳴き読み②

コメントを残す