【最強小倉システム】オヤに対するケア

<北家は何を切る?>
・ドラ中
・東の手牌   裏裏裏裏裏裏裏  二筒二筒横二筒  六索横七索八索
・東の捨て牌  北南九筒二萬中四筒
・北家の手牌  三萬五萬赤五萬六筒八筒一索一索二索三索三索七索八索  ツモ三萬




<赤あり東南の場合>
打「八筒」で自分の手をマイペースに進める
・既にこちらに「赤五萬」があるので、残りの赤を使っても5800点。現実的には2900点か1500点
・オヤの連荘を警戒して、赤あり東南においていまの2900点か1500点にケアする必要はない
・打「三萬」か打「六、八筒」だが、固定してしまう「六、八筒」をさばくのが正解
・「赤五筒」も考慮して打「八筒」
・ドラが字牌のときのタンヤオは点数が見えるので怖くはない





<赤あり東風の場合>
・打「七、八索」
でアガリへの可能性を残しつつも、オリぎみに。
・オヤに鳴かせないというのも大事
・赤あり東風で多く採用さているのは積み場1500点。2本場になれば積みが3000点で大変なことに
・オヤに鳴かれにくい牌といえば一索一索七索八索
・チー六索横七索八索七索八索を鳴かれることはあまりない
・打「一索」だと「三索」を切るのに困るし、「一索」トイツ落としはベタオリになる
・ベタオリは避けたいが、無理も避けたいので、打「七、八索」
・自分が負けている時は連荘に協力すべし!本場が増えれば自分のアガリ点数も増えるため





<赤なし東南の場合>
・打「八筒」
でオヤにケアするこ進める
・積み場が低い赤なし東南のため、連荘はあまり勝負に直結しない
・オヤの仕掛けをケアする時は自分がオヤと競っている時だけ





ポイントは、「テンパイ者のアガリ点数」ですね。
明らかに満貫以上見えていたら、どのルールでも「オリ」ですよね?


麻雀本の「科学する麻雀」で勝因に直結する要素に、
「振り込む点数の高さ」って項目が書いてあったように、
「テンパイ者のアガリ点数」はかなり重要です。


※関連記事はコチラ
 ⇒ 【科学する麻雀】勝因を分ける要因<守り編>はコチラ
 ⇒ 鳴きに対する押し引きはコチラ

コメントを残す