【魔神の読み】後付け

今では常識になっている「後付け(バック)」。
渋川プロの後付け理論を見ておきましょう!


では、まずはポイントを押さえます。


<ポイント>
・役牌トイツの手牌は役牌頼み
・バックはかなり有効な戦術
・あなたが思うほど人は役牌を絞らないし、絞ったとしても手がまとまれば出る
・手牌の内に字牌が2枚残るため守備にも使える
・愚形から鳴いて役牌トイツ残しは攻撃にも守備にも有効な戦術




ポイントを押さえた上で、具体的を見ておきましょう。
<何鳴く?>
・ 全て東一局の南家

 ① 二萬四萬七萬七萬九萬八筒九筒九筒五索六索七索中中   ドラ九筒
 
 ② 二萬四萬八萬九萬二筒四筒六筒八筒八筒六索八索白白   ドラ四筒




<答え>
① 三萬七萬八萬九筒中鳴き

・メンゼンもしくは「中」しか鳴かないと大幅スピードダウン
・バックと警戒されやすい「八萬」や「九筒」でも鳴く(役牌はよく出る)
・「七筒」だけは鳴かない
・わざわざドラを切ってまで2000点にする必要が無い
・スピードも大事、打点も大事



② 三萬七萬三筒五筒七索鳴き

・遠くて安牌のない仕掛けに該当する手
・役牌トイツは安牌と考える
・一つ鳴いた後でも「白」はポンしない
・2000点で安牌をなくす行為はNG
・「白」二枚目でが出てもスルーして、形式テンパイを狙う。「白」は安牌狙い
・「白」ポンからは絶対にするな(安く遠い安牌のない仕掛けになっている)
 
※「白」鳴きは地獄絵図 ⇒ 二萬四萬八萬九萬二筒四筒六筒八筒八筒六索八索  ポン白白横白




「打点」「スピード」「守備」全てのバランスを見る必要があるってことですね。
実戦レベルにもっていくには時間がかかると思いますが、マスターすれば確実に他人と「差」がつきます。

メンゼンは皆大体同じ手順なんで、あまり「差」がつきませんからね。



※関連記事はコチラ
 ⇒ 渋川プロの「鳴き理論」はコチラ
 ⇒ 小倉プロの「序盤での字牌の扱い方」
 ⇒ 小倉プロの「中盤での字牌の扱い方」
 

コメントを残す