【魔神の読み】鳴き理論

「鳴きの差が雀力に反映する」


メンゼンでの手順は誰がやっても、それほど結果に差が出ない局がほとんどだから。
渋川プロをこう説いています。


では、まずは渋川プロが考える「鳴き」のポイントを押さえます。

<ポイント>
・遠くて安牌のない仕掛けはするな
・そこを鳴かないとアガリがきつい牌を鳴け
・メンゼンでやっても打点上昇がそこまで見込めない手を鳴け
・鳴いても打点がそれなりにある手を鳴け
・テンパイと1シャンテンは天地の差



具体的には・・・
・マンガン以上あるとき(打点)
・マンガンなくても役牌の2枚目がでたとき(鳴かないとアガリがきつい)


  二萬四萬六萬一筒二筒五筒八筒九筒一索三索七索   ポン發發横發

例えば、こんな鳴きを「發」一枚目からするようでは「カモ」になってしまいます。
二枚目からはその場での条件で多少変わってはきますが、基本的には鳴きません。
リスクをとってまで1000点を取る必要はありません。

では次の場合ではどうでしょう?
<何を鳴く?>
・東一局
・南家
・7巡目


 ① 三萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒三筒五筒六筒六索六索八索   ドラ三筒

 ② 四萬六萬八萬一筒二筒三索四索五索八索八索白白白   ドラ中


<ポイント>を見てみて是非考えてみて下さいね♪


関連記事はコチラ
「鳴き過ぎ病」にご注意を
小倉式「仕掛けの基本条件」

コメントを残す