【最強デジタル理論】中盤での翻牌の切り時

縦の重なりしか期待できない字牌、だけど安易に切ると鳴かれてしまう字牌。
中々扱いが難しい字牌ですが、序盤と中盤では取扱いが違うのです。

例えば7巡目でこの形、何切る?

 二萬四萬七萬二筒三筒四筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索  ツモ中

<答え>
・「七萬」切り


<理由>
・「鳴かせない翻牌」は一巡でも早く切るが鉄則だが、7巡目だと「鳴かれそうな翻牌」となる
・なので同じ孤立牌である「七萬」から切る
・「七萬」へのくっつき牌をツモれば、その分ロスとなるが、鳴かれない分有利
・安易に相手に一翻確定させないことも大事
 

 


<「中」切りはこんな形になった時>
※7巡目

 二萬四萬二筒三筒四筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索中  ツモ二萬

孤立牌が「中」以外無くなった場合は、鳴かれても「中」切りとなる訳です。


 


では、次の場合はどうでしょう??

 二萬二萬六萬七萬一筒一筒五筒七筒三索四索五索六索七索  ツモ中  

<答え>
・ぜひ本書で確認してみて下さい(笑
・前述部分も確認でき、さらに精度が増すと思います。




⇒ 序盤での字牌の取り扱い
⇒ 渋川プロの字牌の取り扱い

コメントを残す