【最強デジタル理論】序盤の字牌の扱い方

小倉プロの字牌の使い方を見ていきましょう。

ポイントは以下の点です。
・雀頭候補があるかどうか
・雀頭候補がなければ字牌から切る
・メンツ計算がはっきりしているかどうか
・字牌の重なりを期待しないなら先に切る
・「鳴かせない」ことを考える
・親か子で扱い方が変わる
・親なら連荘を考えてなるべく翻牌を残す


ちょっとポイントが多いんで混乱するかもしれないですが、
具体的を交えて説明します。

<何切る?問題①>
 
 一萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒七筒八筒五索七索九索東西


<答え>
・字牌切り



<理由>
・雀頭候補がないため。
・「一萬」切りをしないのは、下記のようなノベタンになる可能性があるから。
・ノベタンの可能性は、ノベタンなんてない字牌より数学的に有利なのは明らかだから。

  一萬二萬三萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒七筒八筒五索七索九索

 



<何切る?問題②>
※字牌切りならどちらから先に切るかも答えて下さい。
 
  一萬四萬六萬二筒三筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索東西


<答え>
・「一萬」 → 「西」切り



<理由>
・雀頭があるのでノベタンが必要ない。
・「東」切りが先ではないのは、4メンツ計算が確定していないため
・筒子が伸びれば4メンツ計算は足りるが、今の形なら「東」を重ねポンで十分アガリを目指せる


 


<何切る?問題③>
※親と子それぞれの場合で答えて下さい。

 四萬六萬二筒三筒四筒四筒五筒八筒八筒五索七索九索東西

<答え/子の場合>
・打「東」


<理由/子の場合>
・雀頭候補あり
・4メンツ計算有りのため、「東」の重なりを期待せずに良い
・鳴かせないためにも一巡でも役牌を切るべし

<親の場合>
オヤなら連荘を考え、役牌はなるべく残すため「西」切り

具体的は以上です。


最後にもう一度ポイントを確認しましょう。
・雀頭候補があるかどうか(メンツより雀頭成立の方が確率的に難しい)
・雀頭候補がなければ字牌から切る
・メンツ計算がはっきりしているかどうか
・字牌の重なりを期待しないなら先に切る
・「鳴かせない」ことを考える
・親か子で扱い方が変わる
・親なら連荘を考えてなるべく翻牌を残す



渋川プロの字牌の扱い方も確認!
 渋川プロの字牌の扱い方

⇒ 真のデジタル派の第一打とは!?

コメントを残す