【魔神の攻め】タンヤオ仕掛けの心得1

仕掛けに一番腕の差が出る「タンヤオ」
なんで「タンヤオ仕掛け」が上手くなれば麻雀が上手くなることとほぼ直結する。
それくらい重要な技術。
しかし、簡単そうで実は難しい「タンヤオ仕掛け」。

魔神の攻めでは、P32~P49の17ページをまるまるその「タンヤオ仕掛け」に使っています。
その一部を紹介しましょう!


<問題①>
・東一局、南家
・5巡目
・何切る?

  三萬四萬五萬六萬八萬三筒三筒五筒七筒八索八索  ポン八筒八筒横八筒

<回答>
・打七筒

<理由>
・リャンカンを残す打「三筒」より、ポン材を残す打「七筒」が圧倒的に優れている。
・ポンは誰からでも鳴ける
・打「八萬」は受け入れ枚数が打「七筒」より一種類減ってしまうためダメ。




<問題②>
・東一局、南家
・5巡目
・何切る?

  二萬二萬四萬八萬八萬六筒七筒八筒五索五索七索  チー三筒横四筒五筒赤

<回答>
・打七索

<理由>
・とにかくチーよりポンが偉い。
・トイツ3つだろうがポンが偉い。
・「四萬」を切った後、「八索」をツモったら「六索」か「九索」待ちとなり、片アガり状態となる。
 二萬二萬八萬八萬六筒七筒八筒五索五索七索八索


<ポイント>
タンヤオはとにかくポン材を残せ!


参考になったかな?

タンヤオ仕掛け心得2はコチラ

コメントを残す