【最強デジタル理論】小倉式押し引き

小倉氏の強さは、
 
 ●麻雀をシステム化している
 ●それをどんな状況でも実践できる鉄のハート

この2点だ。
とてもシンプルだが、実践することはとてつもなく難しい。

このページでは、
一つ目の「システム化」を見ていく。

さらに項目は「押し引き」だ。


では、早速紹介しよう。


前提:全ての合計値がプラスだったら押す。マイナスだったら引く。

◆自分のシャンテン数
 ・テンパイ     +15
 ・1シャンテン    0
 ・2シャンテン   -10

◆相手のシャンテン数
 ・テンパイ     -15
 ・2人テンパイ   -30

◆自分の残り形
 ・好形のみ     +6
 ・愚形1残り    0
 ・愚形2残り    -4
 ・愚形3残り   -12

◆オヤor子
 ・オヤ      +5
 ・子        0

◆相手の打点(おおよそ)
 ・1000点   +5
 ・3000点   0
 ・5000点   -2
 ・8000点   -3
 ・12000点  -5
 ・16000点  -10

◆自分の打点(おおよそ)
 ・1000点   -4
 ・4000点   0
 ・8000点   +4
 ・12000点  +5
 ・16000点  +6
 ・32000点  +10

◆巡目
 式:(7-巡目)= ?

◆自分の持ち点
 式:(1つ下の着順の他家の持ち点 - 1つ上の着順の他家の持ち点)
    ÷1000÷(残り局数)= ?


前提:全ての合計値がプラスだったら押す。マイナスだったら引く。

以上。


ぜひ、参考にしてみよう~♪
書いたら雀力が上がった気がする(笑


福地式「好形」「悪形」とは

コメントを残す